花粉症とお茶のべにふうきがよい関係|つらいムズムズ対策に

花粉症対策にべにふうき茶が有効

寒い冬をやり過ごし、あったかい日差しを迎える春に近づくと心もほんわか和みますね。

しかし花粉症の方にはそんなことも言ってられない、憂鬱なシーズンの始まりにしかならないでしょう。

わたしも経験がありますが、花粉症は罹った人にしか分からない辛い症状です。
何とかこの時期をより軽く過ごしたく、皆さん様々な対策をされます。

そんな花粉症対策の一つにべにふうき(紅富貴)と呼ばれるお茶が有効だと聞きましたのでご紹介します。

 いやな花粉やアレルギー対策にべにふうき茶

花粉症でお茶のべにふうき(紅富貴)のパワーの正体は?

「べにふうき」はお茶の品種になります。

お茶で有名な「やぶきた」の名前はご存知だと思いますが、こちらは煎茶用で最も多く生産されている品種です。

べにふうきは日本で初めて紅茶、ウーロン茶向けに開発された品種ですが、これを緑茶として製造することで「メチル化カテキン」と呼ばれる成分が多くつくられます。

カテキンはお茶の苦み渋み成分そのものですが、それにメチル基がくっついた化合物がメチル化カテキンと呼ばれる物質です。

緑茶に加工されたべにふうきに多く含まれるのが特徴です。

ちなみにやぶきた茶にはこのメチル化カテキンは含まれずに他の品種にもほとんど無いことから、べにふうきが注目されるようになったんですね。

こちらにわかりやすく解説していますので参考にしてください。

花粉症とメチル化カテキンの作用

花粉症が起こるメカニズムについて必ず登場するのが「アレルギー」と「ヒスタミン」です。

アレルギーは本来体に害をおよばさない花粉やハウスダストなどに対して過剰に反応してしまう免疫異常です。
反応しなくてもよいそれらの物質に対して免疫機能に関与する抗体が反応して、結果的にヒスタミンが放出されてアレルギー症状を起こします。

メチル化カテキンはヒスタミン放出の反応を抑制して、アレルギー症状を緩和することが分かっています。

花粉症の方にメチル化カテキンを含んだべにふうき緑茶とメチル化カテキンを含まないお茶を飲んでもらったところ、前者は眼や鼻のアレルギー症状が抑制された結果が出ています。

こちらの図解がかりやすく解説しています。

べにふうき製品を購入する際の注意点

メチル化カテキンが花粉症などのアレルギー症状を緩和するのは理解できたかと思いますが、この成分を含むべにふうき茶でも様々なタイプの製品があります。

そこで購入にあたって注意しなければならない点があります。
それはアレルギー反応を抑えるメチル化カテキンは空気にふれると直ぐに酸化してしまう性質があるという事です。

そうなると一回一回使い切りで個包装のスティックタイプテーパックが最適かと思われます。
なぜならばスティックタイプは開封するまで外気にふれることはありませんし、テーパックはその都度お湯を注いで煮出すからです。
個別包装されていない粉末を一袋に封入された製品は開封するたびに粉末が外気とふれてしまうので好ましくありません。

有機べにふうき|国産有機栽培の高品質

茶葉の原料は契約農家の有機栽培で育てられたべにふうきから加工されているから安心、安全です。

しかもメチル化カテキンが豊富な茶葉の部位を手摘みするほどのこだわりようです。


人気の秘密は
 テーパックで飲むときに茶葉の有効成分を抽出させるのでメチル化カテキンがたっぷり摂れる。

 新芽先端の旨味成分が豊富な部位のみを手摘み。

 土壌の改良された茶畑で栽培された茶葉を加工。

口コミでは
● アレルギー体質なので花粉の時期には、朝に一杯飲むと調子が良くクスリよりも安心です。

● 寒暖アレルギーで鼻炎対策にちょうどいいのです。

● 薬以外に何でも良いから試したくて飲んでいます。渋いですが美味しくいただいています。

べにふうき茶 粉末スティック|マイルドで飲みやすい

一般的なべにふうき茶の製法と異なり、茶葉を直接炒る「釜炒り製法」で加工されています。

この製法では苦み渋みが抑えられ、磨やかな味で飲みやすくなるので人気になっています。
苦み渋みが苦手な方やお子さんに最適でしょう。

人気の秘密は
 釜炒り製法で苦渋みを抑えて飲みやすい。

 飲む時にメチル化カテキンの減少が少ないスティックタイプ。

 「べにふうき緑茶」 100%で添加物無使用で安心。

口コミでは
● 近所のお茶屋さんのよりこちらのべにふうき茶が即効性があるし、味も美味しいです。

● スティックタイプでお湯さえあれば場所を選ばず便利です。花粉症対策で飲んでます。

● 私はひどい花粉症で鼻水鼻づまりに効果がありました。95%の改善、緩和されてとても楽に過ごせています。

その他のべにふうき茶のおすすめは

持ち運んでいつでもどこでも飲める手軽なペットボトルタイプです。



べにふうき、甜茶、ペパーミントを飲みやすくバランスよくブレンドした、がんこ茶屋のオリジナルティーです。

さいごに

べにふうきの有効成分であるメチル化カテキンは、飲んでから体内での有効時間は5~6時間といわれています。

朝食時間に飲んだらお昼から午後の休憩時間に1回、半日のペースでその都度飲むのが良いようです。

普段の生活でコーヒーや緑茶を愛飲している方がべにふうき茶に変えることで花粉症が軽減されやすいのですから、とても素晴らしいと思います。

花粉症のみならず鼻みづや鼻づまり、くしゃみなどの他のアレルギー症状にも期待が持てますのでおすすめです。

また美容と健康にも効果的な「ポリフェノール」も同時に摂ることができるので嬉しいですね。

そして少しでも快適な生活ができる日々を願ってやみません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。