いちご大福の京都で人気のおすすめは。老舗お茶屋の抹茶あん入りが絶品

いちご大福で京都の人気のおすすめ

シーズンになるとスーパーやコンビニなどの棚に、いちご大福が目に留まる場所に陳列されていますね。

久々に見かける季節限定のいちご大福に、春の訪れを感じつつ手が伸びてしまいがちです。(笑)

いつも食べるお気に入りのいちご大福も美味しいかと思いますが、普段では口にすることができない品を手に取ることもできます。

全国のお菓子専門店などでは工夫をこらした創作品をネット通販で出しています。
ネットショッピングなら注文した翌日には届くので、人気の美味しいいちご大福を堪能してはいかがでしょうか。

チェック 人気のいちご大福ランキングはこちら【楽天】

いちご抹茶だいふく。一押し!伊藤久右衛門の人気メニュー

京都宇治に店舗を構える老舗のお茶屋さんが創作したいちご大福。

あんに抹茶あんを使用した独自性の高いいちご抹茶だいふくです。

イチゴとの相性を考えて抹茶あんに独特の味付けがされています。
濃厚な抹茶と大粒イチゴのバランスに、大人の味が楽しめます。

楽天市場でショップ・オブ・ザ・イヤーを9回も受賞した、人気のいちご抹茶だいふくを味わってみてはどうでしょう?

● 賞味期限・・・3日間(出荷日含む)
● 発送地域限定あり・・・北海道、沖縄、離島など
● 消費期限3日以内の商品を発送地域対象外の場所から注文すると、受付時に自動キャンセルがかかります。

 注文の際は「お買い上げの際には必ずお読みください」『「お届け日指定」についてご注意ください』の欄に目を通してください。

いちご抹茶だいふくの口コミは

● イチゴの甘酸っぱさと抹茶餡のバランスが絶妙でとても美味しい。又リピートの予定です。

● いちご大福のイメージが変わりました。とろけるクリーム入りの抹茶あんが絶品で、いちごとの相性も抜群です。

● 届いた当日もその翌日も味わい変わらずとっても美味しく頂きました。職場でのおやつに会話が弾み、仕事もはかどりました。(笑) 

● 季節限定ということで今シーズンもリピート注文です。届くのをいつも家族で楽しみにしています。

◆ まあまあ美味しいとは思いますが、絶賛するほどでもないのは好みでしょうか?
妹はイチゴと抹茶の相性に今一歩?の感想でした。

いちご抹茶だいふくは一般的なイチゴ大福のように「酸味、甘味」に加え、味覚に抹茶の「苦み」が加わります。
ですから苦みの苦手な方には口に合わない傾向があるようです。

 いちご抹茶だいふくのその他の口コミ評価はこちら

多彩ないちご大福で注目するポイントと選ぶコツ

今回は京都宇治で有名な老舗のお茶屋さん、伊藤久右衛門のいちご大福を紹介しました。

一口にいちご大福といっても従来の小豆あんに代えて白あんや生クリームを使用したり、ブランド品のいちごを包んでみたり様々です。

他に素材の餅やオリジナリティーあふれた独自性のある容姿など、考案した個性が見られます。

いちご大福のチェック項目
 大福に包まれているイチゴの品質
ブランド苺を使用したりイチゴ専門の契約農家からの仕入れなど、こだわりが垣間見れます。

 あんの種類
あんに小豆餡、こし餡、白あん、生クリームなどなど、種類も豊富でバラエティーです。

 餅へのこだわり、 製法や包装

オリジナリティーあふれるイチゴ大福も、お店によって一つ一つの素材や製法にこだわりぬいて作り上げています。

注文する時にそれらをチェックしながら選んでいくと楽しくなってきますよ。

さいごに|注文時に気をつける事

いちご大福は生菓子ですので賞味期限が非常に短いです。
いろいろな販売サイトを確認してみると、「発送日を含めて2~3日」が通常です。

という事は注文した翌日に届くとして、その当日か翌日には食べなくてはなりません。
日持ちがしませんので到着予定日に確実に受け取れる状況かどうか、あらかじめその日のスケジュールや都合を考えて注文する必要があります。

もし不在や忙しくて消費期限内に受け取ることができない場合、翌日に回したら賞味期限が切れてしまう状況になります。
それでも返品や返金対応をしていないので注意が必要です。

またお店によっては休日の関係や運送事情、天気状況で指定日に発送できない都合もあり、注文日が限られるケースが見受けられます。

そして日持ちがしない関係上、発送地域を限定しているケースが目立ちます。
販売店から運送に賞味期限内に届けられない遠方の北海道や沖縄、離島などの地域では注文時に自動キャンセルがかかり、注文が受けられないシステムになっていてケースもありますので確認が必要です。

イチゴと生菓子の組合せだけにどうしても時間的な制約を伴います。
ちょっと大げさですが万全の態勢でいちご大福を迎え入れましょう(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。